TOEIC LPI

TOEIC LPI
TOEIC Language Proficiency Interview(TOEIC LPI)は、ETS認定のLPIインタビュアーによる英語上級者向けのインタビューテストです。TOEIC受験経験の有無やスコアに関わらずどなたでも受験可能ですが、開催団体では目安としてTOEIC730点以上の英語力をお持ちの方への受験を勧めているようです。 テストは1対1の対話形式で、評価は米国国務省所属の国際研修機関であるForeign Service Institute(FSI)が開発した評価基準(FSIスケール)に基づいて評価されます。


FSIスケール

LPIレベル LEVEL DESCRIPTION
5 高等教育を受けたネイティブスピーカーと機能的に同レベルの英語を駆使できる能力を持つ
4+ ハイレベルな業務の場で英語を駆使できる卓抜な能力を持つ
4 ハイレベルな業務の場で英語を駆使できる能力を持つ
3+ 一般レベルの業務を支障なくこなす英語能力を持つ
3 一般レベルの業務をこなす英語能力を持つ
2+ 限定的な範囲の業務では、支障なく英語でやりとりができる
2 限定的な範囲の業務では、英語でやりとりができる
1+ 初級の上レベルの英語で対応できる
1 初級レベルの英語で対応できる
0+ あらかじめ暗記した英語のみを使用できる能力がある
0 実際に役立つスピーキング能力がない

※TOEIC LPIについてはこちらのホームページへ TOEIC(R)

 

このページのトップに戻る