TESOL / CELTA / DELTA

TESOLとは
TESOLとは、Teaching of English to Speakers of Other Languagesの略で、英語を母国語としない方のための英語教授法で、英語学習スキルの教授法、コミュニケーション学、発音学、評価法、授業構成、教材発掘、文法導入法等を学びます。
TESOLには大きく分けて2種類、いずれも他言語話者への英語教授法としてあります。


TESL
英語圏に住む英語を母語としていない人を対象に英語を第2言語として教えるための教授法。


TEFL
外国語としての英語教授法。


現在では、海外の多くの大学・大学院、私立の専門機関でTESOLを学ぶことが出来ます。日本国内でも短期の研修コースを提供している期間もあるようです。大学・大学院で学んだ場合は、修士・学士号を取得できるように設定されていることもあります。

 

このページのトップに戻る

 CELTA / DELTAとは

CELTA
(成人英語教授資格サーティフィケート)


DELTA
(成人英語教授資格ディプロマ)


この2つは、ケンブリッジ大学が出す資格で、英語を教える対象を成人に限定しています。学士号に加え、CELTAを取得すると、多くの国で「英語を母語としない成人」に英語を教えるための要件をほぼ満たすことが出来ます。また、海外大学の修士課程に進む上で有利な資格とみなされる場合も在るようです。

 

このページのトップに戻る