SAT

SATとは
SAT(Scholastic Assessment Test)とは、アメリカの4年制大学への進学希望者を対象に行われる全国共通試験です。主にアメリカの学生を対象としており、大学での授業についていけるだけの学力があるかどうかをみることを目的としています。
2005年3月から新しいSATが導入され、大学の授業内容により即した試験内容となっています。テストには、Reasoning Test(一般的にSATとはこちらを指す)とSubject Testsの2種類があります。 留学生にはスコアの提出を求めていない大学もかなり多くありますが、ハーバード大学やイェール大学、コロンビア大学などの「アイビーリーグ」やカリフォルニア大学などといった有名校では、留学生にもスコアの提出が求められることもあります。どのテストスコアが必要かは大学によって異なりますので、自分が希望する大学の場合はどうなのか、必ず個別に確認しましょう。

このページのトップに戻る

試験について

出題内容
SATには、(1)Reasoning Test(論理思考テスト)と(2)Subject Tests(科目別テスト)の2種類があります。新しいSATでは、Reasoning Test に Writing が加わり、それによって Subject Tests にあった Writing がなくなりました。なお、SAT公式サイトでは、各セクションの解説や練習問題を紹介しています。テスト時間はいずれも1時間で、形式は多肢選択式となっています。


試験結果
Reasoning Test のスコアは、Writing、Critical Reading、Mathematics の各セクションで、それぞれ200~800の間で表されます。Writing セクションでは、多肢選択問題を20~80、エッセーを2~12というサブスコアもレポートされます。このエッセイのサブスコアは、中にはあくまでも参考資料とするところもあり、各大学で扱いが異なるようです。
Subject Tests のスコアは、各科目ごとに200~800の間で表されます。
語学には、サブスコアがレポートされるものもあります。
スコアはオンライン(要登録)、電話、郵送の3つの方法で知ることができます。通常、オンライン、電話は受験日から約2週間後、郵送は約3週間後に通知されることになっているようです。4校までは無料(受験料に含まれる)で、受験時に指定した希望留学先へ College Board 本部から直接送付されます。追加でスコアの送付を希望する場合は、追加料金を払えば対応してくれるそうです。 オンラインのスコアレポートでは無料で24時間確認できるだけでなく、エッセイの成績通知、正答・誤答・無回答数、素点、スコア履歴などの確認ができます。


試験申込
開催団体であるThe College Board SAT Program Customer Serviceのウェブサイトから直接申込ができます。


※SATについてはこちらのホームページへ  College Planning Made Easy

このページのトップに戻る