実用英語技能検定(英検)

実用英語技能検定(英検)とは
財団法人日本英語検定協会が主催する『英検』は正式名称を『実用英語技能検定』と言い、1963年に創設されて以来、延べ7400万人が受験し、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を、筆記・リスニング・スピーキングのテストで測定し、合否を判定します。試験は年3回実施され、初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、そして最終目標となる1級まで7つの級に分かれています。
英検の級取得では、高校・大学の単位認定を受けられる学校があるほか、教員採用試験での優遇措置(準1級、1級合格者)を設けている都道府県もあり、また、国土交通大臣実施の通訳案内士試験(通訳ガイド試験)において1級合格者は筆記(一次)試験の外国語(英語)科目の受験が免除されます。

このページのトップに戻る

各級の程度と内容

英検1級
広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することが出来る。
※目安として、1級は「大学上級程度」で約10,000~15,000語レベルです。

一次試験 筆記 100分 客観形式(語彙・熟語・読解など)と記述形式(英作文)の問題
リスニング 約30分 英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 個人面接 約10分 与えられたトピックについてのスピーチと質問応答

英検準1級
社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することが出来る。
※目安として、準1級は「大学中級程度」で約7,500語レベルです。

一次試験 筆記 90分 客観形式(語彙・熟語・読解など)と記述形式(英作文)の問題
リスニング 約25分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 個人面接 約8分 4コマのイラストについてのナレーションと英語による質問応答

英検2級
社会生活に必要な英語を理解し、また使用することが出来る。
※目安として、2級は「高校卒業程度」で約5,100語レベルです。

一次試験 筆記 75分 すべて客観形式(語彙・熟語・読解など)
リスニング 約25分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 個人面接 約7分 「英文+イラスト」の音読と英語による質問応答

英検準2級
日常生活に必要な英語を理解し、また使用することが出来る。
※目安として、準2級は「高校中級程度」で約3,600語レベルです。

一次試験 筆記 65分 すべて客観形式(語彙・熟語・読解など)
リスニング 約25分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 個人面接 約6分 「英文+イラスト」の音読と英語による質問応答

英検3級
身近な英語を理解し、また使用することが出来る。
※目安として、3級は「中学卒業程度」で約2,100語レベルです。

一次試験 筆記 40分 すべて客観形式(語彙・熟語・読解など)
リスニング 約25分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 個人面接 約5分 「英文+イラスト」の音読と英語による質問応答

英検4級
簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することが出来る。
※目安として、4級は「中学中級程度」で約1,300語レベルです。

一次試験 筆記 35分 すべて客観形式(語彙・熟語・読解など)
リスニング 約25分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 なし - -

英検5級
初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することが出来る。
※目安として、5級は「中学初級程度」で約600語レベルです。

一次試験 筆記 25分 すべて客観形式(語彙・熟語・読解など)
リスニング 約20分 問題は客観形式で、会話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ形式
二次試験 なし - -

※英検については開催団体ホームページへ (財)日本英語検定協会

このページのトップに戻る