ケンブリッジ英検

ケンブリッジ英検とは
ケンブリッジ大学(Cambridge ESOL)が実施しているケンブリッジ英語検定は、130ヶ国以上で実施されている試験です。日本では、Cambridge ESOL Examinations CentreJP040 がケンブリッジ英語検定の各種試験を日本で実施する認定事務局になっていて、申込・問い合わせ窓口になっています。


試験申込
日本での実施団体であるCambridge ESOL Examinations CentreJP040の公式ウェブサイトから申込みます。


※ケンブリッジ検定についてはこちらのホームページへ Cambridge ESOL Examinations

 

このページのトップに戻る

メイン・スイート 試験 (KET / PET / FCE / CAE / CPE)
英語以外を母国語とする人のための英語運用能力テストです。
時代のニーズに合った「国際共通語としての英語力」を判定し、現実的な状況の中で英語を理解したかどうかを「話す」「書く」「聞く」「読む」の4分野にわたって査定されます。上級レベルの試験はイギリスの大学・大学院留学の際の英語能力説明としても使えます。


試験内容

CPE
Certificate of Proficiency
in English
英検1級以上 / IELTS:7.5 / TOEIC:950+ / TOEFL:600+相当。
ケンブリッジ検定の最上級。
イギリスの大学入学許可の基準となる最上級レベルの試験。
CAE
Certificate in
Advanced English
英検1級 / IELTS:6.0~6.5 / TOEIC:900~950 / TOEFL:525~550相当。
仕事で英語を使用するプロフェッショナルな方向け。
英国大学、大学院入学の際の英語証明書としても有効。
FCE
First Certificate
in English
英検準1級 / IELTS:5.5 / TOEIC:800~900 / TOEFL:500相当。
英語の日常使用する職場で働きたい方向け。
PET
Preliminary English Test
英検2級 / IELTS:4.5 / TOEIC:350~500 / TOEFL:380~430相当。
英語圏での日常生活が送れるレベル。高校、短大、大学生向け。
KET
Key English Test
英検3級 / IELTS:4.0 / TOEIC:300~350 / TOEFL:350~380相当。
日常生活に必要な、書き言葉及び話し言葉による
最も基礎的なコミュニケーションを認定するもの。

試験内容

CPE(レベル5) 1. リーディング(1時間30分)
2. ライティング(2時間)
3. ユース・オブ・イングリッシュ(1時間30分)
4. リスニング(約40分)
5. スピーキング(約19分)
 
CAE(レベル4) 1. リーディング(1時間15分)
2. ライティング(1時間30分)
3. イングリッシュ・イン・ユース(1時間)
4. リスニング(約40分)
5. スピーキング(15分)
 
FCE(レベル3) 1. リーディング(1時間)
2. ライティング(1時間20分)
3. ユース・オブ・イングリッシュ(45分)
4. リスニング(約40分)
5. スピーキング(約14分)
 
PET(レベル2) 1. リーディング、ライティング(1時間30分)
2.リスニング(約35分)
3. スピーキング(約10分)
 
KET(レベル1) 1. リーディング、ライティング(1時間10分)
2. リスニング(約30分)
3. スピーキング(約10分)

合格ライン
KET、PETでは、Pass with merit、Pass、Narrow fail、Failの評価でPass with meritとPassが合格。 FCE、CAE、CPEでは、A~Eの評価がされ、Cまでが合格。

 

このページのトップに戻る

 Cambridge Business English (BEC)
企業でマネージメントに携わっている人々、事務職に就いているスタッフ、将来のビジネス分野での仕事に就きたい学生向きのビジネス英語試験。


各試験レベル

BEC Higher CAE / 英検1級 / IELTS:6.0~6.5 / TOEIC:900~950 / TOEFL:525~550相当
BEC Vantage FCE / 英検準1級 / IELTS:5.5 / TOEIC:800~900 / TOEFL:500相当
BEC Preliminary PET / 英検2級 / IELTS:4.5 / TOEIC:350~500 / TOEFL:380~430相当

試験内容

BEC Higher 1. リーディング/ライティング(2時間10分)
2. リスニング(40分)
3. インタビュー(16分)
 
BEC Vantage 1. リーディング/ライティング(1時間45分)
2. リスニング(40分)
3. インタビュー(14分)
 
BEC Preliminary 1. リーディング/ライティング(1時間30分)
2. リスニング(40分)
3. インタビュー(12分)

合格ライン
いずれもA~Fの6段階で評価され、A~Dが合格。

 

このページのトップに戻る

Teaching Knowledge Test (TKT) 
TKTは、英語を母国語としない生徒に英語を教えるための知識を測るテストです。
英語を教える際に教師が知るべき主要分野を確認し、英語教育に関する基礎知識を増強し、英語教育に必要な英語の用法および英語教育・学習の背景と実践に関する基本的な考え方が身についているかを客観的試験によって評価するテストです。
TKTにおいて焦点となるのは、さまざまな英語教育法、「英語教育のための」英語の用法、教材の活用法、授業計画の要点、さまざまなニーズに応じたクラス運営法となっています。

TKTは英語教師としてのキャリアにかかわらず受験することができ、世界中の初等・中等教育・一般の教育機関の英語教育者のすべてに適用できます。
また、英語教師を目指す人々も受験可能となっています。TKTを受験するにはケンブリッジ英検のPET、または欧州評議会のCommon European Framework of Reference of LanguageのB1レベル以上の英語力が求められます。 受験者には英語検定等の応募要件は特にありませんが、英語教育に関する基本的な概念理解と用語を事前に学習しておく必要があるといえるでしょう。


試験結果
合格/不合格はなく、受験された全ての方にモジュールごとにcertificateが発行されます。 評価はband1~band4の4段階評価になっています。

 

このページのトップに戻る

Young Learners English Tests (YLE)
YLEは7歳から12歳の児童のために開発されたテストで、将来、ケンブリッジのメイン・スイート試験に自然につながるよう工夫されています。子どもから成人まで一貫した理念と長年蓄積されたノウハウを活用したケンブリッジ英語検定全体の中で、まず最初のステップとして取り組まれるものです。

YLEは3段階のレベル(Starters, Movers, Flyers )に分かれており、それぞれのテストは子ども達が段階を追って学習できるよう配慮されています。試験内容は、成人用の試験と同じく4技能(聞く、話す、読む、書く)の全てを網羅しており、特にスピーキングについては受験者と専門的な訓練を受けた試験官が一対一でやり取りをする形式になります。 Flyersを修了すると、Key English Test (KET), Preliminarary English Test (PET)を目指すことになります。 

 

このページのトップに戻る